ホーム » News » 投資動向 - Investment Trends » モーリシャスのレジデンス。起業家や投資家のためのアフリカでの大きなチャンス

モーリシャスのレジデンス。起業家や投資家のためのアフリカでの大きなチャンス

Residence in Mauritius: a great opportunity in Africa for entrepreneurs and investors
モーリシャスはインド洋に位置し、マダガスカルの東、フランスの海外領土レユニオンの近くにあり、アングロ・フランスの植民地時代の過去を持つ。

約140万人の人口を持つこの国の公用語は英語です。モーリシャスは2000km²の本島といくつかの小島から構成されています。

アフリカ諸国の中では、モーリシャスは多くの点でトップの地位を占めています。汚職はほとんどなく、モーリシャスのルピーのインフレ率は低く(1ユーロ=40 MUR)、人口はアフリカで最も裕福な国です。

フリーダムハウスの自由度指数では、モーリシャスは世界で15位にランクされており、アフリカで最も高い人間開発度をセイシェルと共有しています(値は1のうち0.781)。

この多文化の島は、人口の大部分がインドから来ており、ヒンドゥー教が約48%と最大の宗教グループであることから、インドとの結びつきが強いことで知られています。しかし、島の大きさと山岳地帯のため、温暖で熱帯気候だけでなく、キリスト教徒(約33%)やイスラム教徒(約17%)も存在感を示しています。

しかし、なぜモーリシャスは大発見なのか?

まあ、ヨーロッパとの優れた空路の接続を提供することに加えて、オンライン起業家のためだけではなく、魅力的な税制と組み合わせて、比較的簡単な入国手続きを持っていることで際立っています。

ああ、そしてホームスクーラーのための重要な事実:学校教育は小学校でのみ義務づけられています。さらに、これは外国人には適用されません。

モーリシャスの税制

ーリシャスは、少なくとも税制面ではインド洋のマルタです。

イギリスの植民地であったモーリシャスは、国内に持ち込まれたお金(送金ベース)に固定された非ドメスティック税制を採用しています。モーリシャスの制度はマルタと似ています。

ノンドムとは、「住み込みではない」という意味で、ローマ法では知られていない英語のコモンロー上の地位を表しています。

人の本籍地は、通常、父親の出身国であり、人生の大半を過ごしてきた国である。通常は、必ずではありませんが、これは国籍のある国です。

一般的には、国籍を放棄するか、17年以上その国に足を踏み入れずに生活するまでは、最初の本籍地を失うことはありません。

本籍地ではなく、非本籍地制度のある国に居住している人は、送金・受領したお金(送金ベース)に応じた特別な課税制度を受けることができます。

この制度では、外国の所得は、その国で使用されない限り、非課税となります。

一般的に信じられていることとは逆に、これは国内への送金だけでなく、一般的には、現金やその他の形態(引き出しやクレジットカード決済)で国内で使用されたり、預け入れられたりしたお金も対象となります。

その結果、非ドメスティック国は、完全に税金が免除されることはありません(キプロスの非ドメスティック国のプログラムでは、別の方法で動作する場合を除きます)。彼らは常に生活費、信頼性がなければならないコストをカバーするために導入されたお金に税金を支払う必要があります。

それはかもしれないように、海外旅行に使用される外国の収入や投資は課税対象ではありません。

モーリシャスでの課税居住は183日ルールに基づいています。3年間で270日過ごせば、課税証明書を取得することができます。これは、例えばモーリシャスの二重課税協定の優れたネットワークの恩恵を受けるために必要となります。

モーリシャスは、キャピタルゲインに対する無条件の非課税制度があるため、あらゆる種類の投資家やトレーダーにとって特に興味深い国です。

暗号通貨は合法ですが、ほとんどが規制されていないため、より良い条件を提供しています。

  • モーリシャスは特にインドとの二重課税協定を結んでいることで知られていますが、他にも45のIDCがあり、これは低税国では一般的ではありません。
  • ドイツ、フランス、スウェーデンとの二重課税協定により、源泉地での税金は約15%(株式)、5%(10%以上の会社の株式)が軽減されます。
    国民所得と国内で使用された、または国内に持ち込まれた外国所得に対する所得税は15%の固定税です。
  • 従業員の社会保険料は、従業員が給与総額の4%、雇用主が8.5%を負担します。
    非課税額は家族の人数に応じて異なりますが、4人家族で約7,000ユーロ(877.086.00円)です。相続税はかかりません。

起業家のための楽園としてのモーリシャス

国内の配当金はモーリシャスで会社を設立することは非常に魅力的になりますが、どちらにも課税されません。ここで、GBC1とGBC2の2つのタイプの会社を区別する必要があります。

グローバル・ビジネス・カンパニー2は、典型的なオフショア企業であり、モーリシャスでのビジネスはできません。非課税であり、口座届出の義務がなく、匿名性があります。典型的なオフショア法域の利点と、その国特有の特権を兼ね備えています。

モーリシャスは、他の類似の法域よりも高い評価を受けており、OECDのホワイトリストにも登録されています。例えば、モーリシャスは、アマゾンがヨーロッパのFBA経由での販売を承認している数少ない非課税の可能性のある国の一つです。

また、モーリシャスは、会社の本社と同じ国にある会社の銀行口座で銀行振込を受け取れる必要がある起業家にとっても非常に興味深い国です。

多くのオフショア法域では、現地の銀行で銀行口座を開設することはほぼ不可能ですが、モーリシャスでは通常、遠隔地であっても銀行口座を開設することは非常に簡単です。
さらに、モーリシャスはヨーロッパ以外の国では数少ないIBAN番号を持つ国の一つであり、ヨーロッパとの支払い業務を非常に簡単にしています。

オフショア企業におすすめの銀行は、バンクワンとABCバンクです。また、南アフリカのスタンダードバンクと世界的に展開しているスタンダードチャータードバンクもお勧めです。

モーリシャスに移住してそこからビジネスを行う人や、国際的に認められた低税率の会社に興味があり、請求書を発行したい人は、GBC1に目を向けるべきです。

グローバル・ビジネス・カンパニー1は、モーリシャスに居住する取締役2名(国籍は問いません)が必要で、優れた二重課税協定を利用することができます。

海外からの所得に対する法人税はわずか3%。国内所得にのみ15%の税金がかかります。

モーリタニア在住の株主へのGBC1の配当金分配は非課税(非居住者の場合は配当金にも源泉徴収税がかかりません)なので、起業家の総税負担は3%というとんでもない額になります。

モーリタニア居住者による海外からの民間投資は、非ドメスティック課税のおかげで非課税となる(資金が国内に持ち込まれない限り)。

また、モーリシャスは、金融サービスを提供したり、クリプトカレンシーを運用するための比較的安価なライセンスを取得するための優れた機会を提供していることにも言及する価値があります。ライセンスを含むセットアップ費用は、ここでは、わずか15,000ユーロです – 1.879.200,00 円

モーリシャスに移住する方法 – モーリシャスの様々な移民オプションについて

多くの国では、生活条件や税制は完璧に見えますが、移民法を見ると、すべてがそこに留まっていることがわかります。モーリシャスではそうではありません。

モーリシャスは資格のある移民を国内に誘致することに興味を持っており、大まかに4つの異なる移民の選択肢を提供しています。ほぼすべての国の市民(一部の国を除く)は、ビザなしで初めて入国し、2~3ヶ月間滞在することができます。

  • 従業員は、月収2,000ユーロ-250.564,05円相当の仕事のオファーがあることを証明できれば、すぐにモーリシャスでの滞在許可証を取得します。
  • コンピュータの専門家の場合、閾値は1,000ユーロ-125.282.10円に半減します。
  • 雇用主は、永住許可を取得するためには、最初の2年間は最低でも2万ドル~2.064.900.00円、3年目以降は4万ドル~4.129.800.00円の収入を得て、当初は3.5万ドル~3.613.575.00円をGBC1に投資しなければなりません。
  • 投資家ビザは、10.000ドル~1.032.450.00円の投資で取得できます。初年度に約75.000ドル~7.743.375.00円、翌2年に約30.000ドル~30.973.500.00円の給付金を取得しなければなりません。
  • 最後に、50歳以上の人は、3年間にモーリシャスで年間40.000ドル~4.129.800.00円以上を紹介し、現地の銀行に15.000ドル~1.548.675.00円の預金をし、2.500ドル~258.112.50円のレートを支払えば、退職のビザを取得することができます。

4つのケースでは、モーリシャスは少なくとも3ヶ月の3年間の滞在の後、永住許可を与え、10年ごとに正式に更新する必要があります。

7年後にはモーリシャス市民権を取得することができますが、モーリシャスに5年以上居住していることが条件となります。市民権を申請する前の12ヶ月間はモーリシャスで過ごしていなければなりません。

モーリシャスは、145のビザのない国の中で世界第28位にランクされており、一般的なカリブ海諸国の経済市民権プログラムよりも移動の自由度が高いのが特徴です。

モーリシャスは二重国籍を認めていますので、通常は到達することが難しい南部アフリカの国々へのビザなしでのアクセスを可能にし、アフリカの自由な移動を可能にしてくれます。

モーリシャスのレジデンスは誰のためにあるのか?

これまでのところ、ほとんどの起業家はモーリシャスを見落としています。モーリシャスには土地税はありませんが、外国からの所得を持つ起業家がわずか3%の税金を支払うだけで、その見返りに世界的に認められている評判の良い会社を手に入れることができる魅力的な非ドメスティック税制があります。

会社を登録するための初期条件はやや高いですが、ケースによっては、特にその後の節税効果を考えると、まだ興味深いものです。

また、マルタと同様のノンドム制度を採用しているため、モーリシャスの海外投資は非課税のままです。最終的には、モーリシャスに会社を持つことで、外国人所得を導入する必要がなく、現地企業の配当金(現地の配当金は非課税であることを覚えておいてください)で生活することができます。

優れた二重課税協定のおかげで、モーリシャスは主にインドとのビジネス関係を持つ起業家や投資家の好ましい居住地となっています。

しかし、インドとの取引がなくても、グローバル・ビジネス・カンパニー1は、事実上すべての起業家のニーズに応えることができます。税負担は3%で、請求書の承認や銀行口座の開設など、世界のどこにいても必要な要件をすべて満たすことができます。

結局のところ、モーリシャスは非同盟国の中でも最も魅力的な国の一つです。起業家にとってモーリシャスをより魅力的な国にしているのは間違いなく、3%の内国法人の外国所得に対する法人税と、配当金(内国法人の利益)に対する課税の自由があることです。トレーダーや投資家のためのキャピタルゲインの完全な免税。

モーリシャスでは、特にリモートワークをされる方のために、期間延長ビザをご用意しています。

モーリシャスは、リモートで仕事をしている人が利用できる特別なビザを提供している場所のリストに加わりました。このビザプログラムの名前は “プレミアム旅行ビザ “で、有効期間は1年間です。経済開発のモーリシャス事務所が共有した公式コミュニケから、彼らはこのプログラムが「柔らかい砂浜と海のターコイズブルーの色から来る幸福感の彼らの気持ちを延長しようとする旅行者を受け取るために」であることを説明した。このすべては、COVID-19に関する必要な注意事項と。

このビザは、これから訪れる人、定年退職者、島で勉強している両親、そこからリモートで仕事をしたい専門家などが対象となります。滞在できる期間は最長で1年、専門職の場合は希望すれば家族と一緒に渡航することも可能です。もちろん、申請には一定の条件があり、オンラインでの申請となる。経済開発局によると、すべての申請書を記入し、必要書類をアップロードできるページが近日中に公開される予定だという。

長期滞在ビザを取得するためには、島に長期滞在する予定があることを証明する書類が必要となる。同様に、滞在期間中の旅行保険や健康保険に加入している必要があります。同様に、以下の条件を満たす必要があります。

  • 申請者はモーリシャスの労働市場に参入してはいけません。
  • 主な収入源は島外からのものでなければなりません。
  • 訪問理由、滞在先、勤務先など、申請時に証拠となる書類を提示すること。
  • 基本的な入国審査の要件

在留資格の申請方法について詳しくはこちら